~ 声❇︎音❇︎言葉 ~

反応を反応のまま、くわえずけずらず、整えています

いいものは

いいものは、ながめたときその立ち位置からぐいっとふんと、別の場にとばす。そういう不思議さと納得が妙に混合するものなきがした。

中国語

さっき、近所の中国語を学べそうなとこに連絡した。 思いたって50日。

中国語を学びたい

ふと、今朝、中国語を学びたいという思いが湧き上がってきた。 大学時代に第三外国語は中国語を選択していたが、 これまで、中国語を話せるようになりたいと感じたことはなかった。 このような感覚が湧き上がってきた理由は分からないが、 欲求が出ているの…

そもそもradio 029 最高のプロジェクトに「呼ばれる人」になろう

最高のプロジェクトに呼ばれる前に まずは、最高のプロジェクトはどんなものかを定義する。 自分にとって“最高のプロジェクト”とはどんなものだろう?? 人に呼ばれるのを期待するだけではなく、 自分の頭で絵を描き、体と時間とお金を注いで、土塊から練り…

そもそもradio 025 新R25、Voicyフェスで感じた「新メディア論」

なんか、やな感じがするな! なんか違和感があるな!と 感じる時に、これまでは、 でも何も問題らしい問題もないし、気のせいだろう! 気のせい気のせい! とスルーすることが多かった。 その違和感の扱い方、処し方を知らなかったためだ。 ある時、そういう…

193の心理研究でわかったお金に支配されない13の真実メモ07

2つのグループに分けて新聞の見出しを複数名でディスカッションし決定するという心理実験が行われた。 2つのグループの違いは、報酬の有無だった。 つまり、報酬が生産性に影響するのか、もしくはしないのか、どう影響するのかを調査する実験だ。 調査の結果…

そもそもradio 021

“時代の変わり目の特徴の一つに、鬱憤の爆発がある。 年長者が既得権益に乗りながら、若者が能力を十分に発揮できないというシステムの形骸化によって不満が爆発する” そういう話を聞いた。たしかに。よくもわるくも、歴史はくりかえす。受け入れたくはない…

そもそもradio 016 一度「そもそも」を自ら禁じて、見えたもの

言葉には、2種類しかない。 01, 気持ちにくっついたもの 02, そうでないもの そーゆーわけ方があるのだとハッとさせられた。 ----- talkテーマ そもそもデトックス そもそもと言わないように、というのがテーマ 小学生の頃は後藤真希が好き 2種類の言葉) 1…

そもそもradio 015 人を理解するとは、何か。

優しさって?と問いイメージすることは人によって全然違う。優しさは曖昧で、明確な定義がない言葉だからだ。 ということは、良かれと思って行う心遣いが 相手にとっては、時として迷惑な可能性もある。 目の前の人に優しさをもって接することも、もちろん大…

そもそもradio 011

talkテーマ 士業のキャリア ・コモディティ ・経験、掛け算が重要 定型化されている。 コンサルティングも同じ。 資格といえどもコモディティ。 成熟しているようにみえてるけど 伸びているところにポジションをとる 突出して伸びている会社業種を調べる リ…

そもそもradio 010 ★大人の夢を語ろう。「赤いゾウ問題」とは

talkテーマ 大人の夢 ちっちゃな子供にあなたの夢は何ですか?と聞く場面は見る。 それに対して大人は評価する。 それを見るたびに、おまえは語れるのか? 若い人がやりたい事を後押しするというのが大人の役割ではないか。 子供に対峙すると大人は批評家に…

そもそもradio 09 大企業は「仕事を避けたがる人」ばかりだから、むしろ得説

talkテーマ 所属する組織が全てではない そもそも今の教育では子どもにとって学校が全てになっている 子どもに違ったコミュニティがあると伝えられる大人が必要。 “義務教育で優秀なことが全てではないよ” 子どもにとって学校が世界そのものだということを理…

そもそもradio 08 大企業は「仕事を避けたがる人」ばかりだから、むしろ得説

talkテーマ 実は大企業も経験つめるんじゃないか説 おじさん三分類 01, 若者を応援する 02, 無関心 03, 邪魔する 大企業ほどローリスクミドルリターンで経験がつめる。 どの会社にも新規事業はある。 従業員が少なく伸びている部門に身を置く。 大企業の方が…

193の心理研究でわかったお金に支配されない13の真実メモ6

お金のインセンティブ(交換条件)は効果があるのか? お金をつめば人は動くのか。 状況によるらしい。 作業が単調でどうがんばっても面白くはならない仕事では、インセンティブ(出来高)がモチベーションとしてうまく機能する。 努力すればだれでもできる…

そもそもradio 07

talkテーマ 経験の価値は価値になるもののニッチスターになる。 不時着の経験がニーズがある。危機的な状況、回数が少ないような経験こそとるべき。 関わり方 東京五輪 携わった→何やってたのか? 意思決定の大きさ。 成長は意思決定の深さや量に比例する。 …

そもそもradio 06

talkテーマ 転職の思考法は学生こそ読むべき説 統計でみても、転職を考えて就職しますか? という問いに対し 50%以上がyesと答えた。 就活では社会(仕事)は分からない。 そもそも転職の思考法は転職の本ではない。 いつでも転職のカードを持つことが大切だ。…

193の心理研究でわかったお金に支配されない13の真実メモ5

妥当な買い物(価格)に関する私たちの認識はきわめて曖昧なものである。 価格交渉はノー・ウィン。まけさせてた方は、後でうしろめたさを感じ 思ったようにまけられなかった方は、後でぼったくられたと感じる傾向がある。 実験 少女に売り子をさせる。価格…

そもそもradio 05 転職の思考法の著者は、「副業」をどう思うか?

副業って概念は、企業の都合で禁止され 企業の都合で解禁されたんやなあ。 そこに、真実味を感じる。 表に出てるのは、個人の力の解放。 実態は、社員の仕事量が企業の仕事量を上回っている事=仕事がない=儲からない=給与が支払えない。 仕事ないから自分…

193の心理実験で分かったお金に支配されない13の真実メモ4

チャプター4 お金を握ると離すまいと手を開くことができない心理は、本能であり、サルも同様の行動を取ることが、研究からわかっている。これは、損失回避とよばれ、人は自分の所有するものを、一般よりも高く見積もる傾向にある。得をすることの4倍損を避け…

そもそもradio 04

talkテーマ 転職したくても そもそも20代で専門性(マーケティング、ファイナンス) 30代で経験(リーダーシップ、事業開発) ついてない問題。 多くの人があてはまる。 構造的な問題: 専門性と経験のない人を つくってしまうのは 今の日本型一括採用が原因。 …

193の心理実験で分かったお金に支配されない13の真実メモ3

チャプター3 ・お金は、数値そのものへの認識(大きい額だ、小さい額だ)が絶対的なものではなく、相対的に捉えている。ほとんどの場合は無自覚。 例えば、缶コーヒーかま半額になっていると、安くて得した気持ちになるが 3400万の家を購入した際な、60円値引…

そもそもradio 03

talkテーマ 転職の思考法:女性のキャリア論 福利厚生がどうしても描きたかった。 安定を重視している方はたくさんいる一方 リスクだ。 自分でコントロールできるものでない。 キャリアの早い段階で自分のコントロールできる武器をもつべきだ。 そもそも、女…

193の心理研究でわかったお金に支配されない13の真実メモ01

読み印象的だった事まわりを連々 チャプター1 お金には 何かを手に入れるための手段としての役割に加え、 それ自体を獲得する事で満足する麻薬的な一面がある。 裏付ける心理研究がある。 ・りんごジュースを口にふくんだときの脳活動とお金を獲得したときの…

193の心理実験で分かったお金に支配されない13の真実メモ2

チャプター2 形あるものは愛着をうみ、執着をうむ。 執着の背後には依存があり、たいていは無自覚ゆえに、それが違和感なく流れを持ちつづいていく。 お金はもともと、形状はなく、約束から始まった。 何かを提供する対価として、何かを提供しますという約束…

そもそもradio 02

talkテーマ そもそも30歳代で逃げ切るとは? 年齢だけを理由にして語るのは本質的ではない。 人によってライフイベわたはちがう。 石の上にも三年→x年 自分がどの石を選ぶのか そもそも 人生って自分のことを好きになっていくプロセス できない→できる 世の…

そもそもradio 01 ★20代は専門性、30代は経験が、遅すぎる説

それって、そもそもどーゆーこと? 「そもそも」というkeywordを軸に展開されるラジオが、voicyで配信されている。 これが面白い 切り込み方は単純に、 あるtalkテーマやキーワードに、そもそも? と問い、深める中で見えてくるものを言語にしているという、…

表現の技術

本屋でジャケ買い。シンプルな表紙がめにとびこみ、手にとり、数行数ページよみ、購入。 おもしろかった 何がおもしろかったのか? わからない。 1日1回よむ。するとわかるだろう。 (最低でもあと2回はよむ)

ネックレスの革紐さがそ

9月から材木をつかった置物、アクセサリをつくっている。 今年に100つくり、1000は作りたいと思っている。数をつくってくると、ネックレスの紐が銀のチェーンよりも革がいいものもあるということが分かった。 で、革紐を買い付けたが、銀のチェーンのような…

物乞いが物乞いを電車からほうり投げた話

前田裕二さんの動画を拝聴 前田裕二SHOWROOM社長が語る「人生の勝算」 ”生まれた条件、環境が悪いと、土俵にも立てない現実がある” 〜〜 【 上半身しかない若者 】 こっくこっくと身を捩りながら電車内を軽快に歩み、寝ているところに物乞いを掛けてきた。 …

日本が高度成長期に躍進できた理由

この動画に、日本がなぜ、一時 ジャパンアズナンバーワンと呼ばれるぐらいまで、突出して成果を出すことが出来たのか。その理由が端的に、説明されていた(23:45~)。 出口治明が説く「これからの時代を生き抜く力」 驚異の飛躍成長の理由は、この動画によ…