~ 感と理と門 ~

感と理をもって常識や科学という門を解きたいという欲をもつ人の文々

四柱推命

 

f:id:new-source:20171213003121j:plain


1984年2月7日9:02生まれ

上で記した文字列が芦田さんの気質を表します。
有意識、無意識の部分も全て含んでいます。
星は単独で強い気質を持つものもあれば、
隣同士で結び付きあって複合的な気質を帯びるものもあります。
星ごとの気質の強弱は、
星の現れる場所、数、位置関係によって異なります。

強く出るとプライドが高く、頑固なところが出てくる傾向にありますが、これは自分の学んだ知識に自信を
持っていることの裏返しとも言えるでしょう。
また、この星は「母親」を意味します。良くも悪くも母親と縁の深いつながりを持っています。

次に、水色で塗りつぶした部分はその人の持つ最も強い「補助星」です。
無意識の行動パターンに影響してきます。芦田さんの場合は「衰」です。
衰という星の特徴と傾向…
実績重視の経験主義者。
物事をじっかり考え込むので慎重になりますが、経験に裏打ちされた堅実さを持つ影の実力者。
上の気質から行動は人より遅れることが多いですが、自分の経験、知識、実績を通して確認したものや、
確信したものを主張・発表して取り入れる安全追求型です。
控えめではありますが、実績を築き実力で中心に立ちたいという願望を秘めています。

自分の立場、存在を世間や周囲に対して確かなものにしたい気持ち、欲求があります。
一言で言えば、目立ちたがりです。
また、古い物や歴史のある物、事柄に興味を持つ人もいます。
専門家の言うことや肩書きのある人の言うことを信じる傾向にあります。
そして、黄色で塗りつぶした部分は最も強い「本人自身」を表します。

「辛未」(かのとひつじ)、辛が精神性(考え方)を表し、未が現実の行動パターンを表します。

辛の人の精神性の特徴と傾向…

辛は宝石という意味があり、人目を惹く華やかな部分があります。
完全主義者なところがあり、何事も完璧にしないと気が済まないところがあります。
「執着」という意味もあり、こつこつ研究したり自分の信念を真っ直ぐ貫きます。
神経はとても繊細なところがあるので、極度に思い詰めて体調を崩す人もいます。
プライドが高くて、感性が鋭い。自分の「道」を極めることが上手。
元々地位や名誉、人気運を持っており、責任感が強い。
自分の信念を譲れないところがあるが「道」を極めることが上手いので、
人間関係以外にはトラブルは少ない。

未の人の行動パターンの特徴と傾向…

地道でコツコツと努力する勉強家です。
優しい面もありますが、内面は勝気です。勝負して勝ちたいという気持ちがあります。
反面、脆さも持ち合わせているので、ストレスが溜まりやすく神経質です。
取り越し苦労をする傾向があり、あれこれ考えすぎてしまうことも。
また、ピンクで塗りつぶした星は複数あることで気質が強まっています。
名称は違いますが、同じ属性の星です。

食神、傷官→趣味、グルメ、遊び、おしゃべりの星の傾向…

感性が豊かで、芸術的なセンスを持っている人が多いです。
楽しいことが好きで、美的感覚に優れている。陶芸品、絵画、音楽など芸術的なものを好む。
趣味や道楽が高じて成功する人もおり、恵まれた運勢の持ち主と言える。
食通な人もおり、飲食の味にはこだわる傾向も。
話好きな人も多く、よくしゃべります。
この星があまりに強くなると、自分が楽しめるかどうか?が判断基準になってくる傾向があり、
仕事を大事にするというよりは、自分の趣味・遊ぶ時間を大事にするという考え方になってきます。
また、ワガママな一面も出るようになってきます。
感覚が鋭くなりすぎて敏感になり、ストレスで心身ともに調子を崩す人もいます。

オレンジで塗りつぶした部分は、妻の位置…芦田さんの配偶者を意味します。
つまり、芦田さんがどういうタイプの女性に惹かれるか?という事を表します。
星の気質を考えて分析すると、芦田さんが惹かれる女性のタイプは…
気が強く、仕事をバリバリこなすキャリアウーマン。姐さん女房であり、強く引っ張ってほしい。
一人で何でもやろうとするため、どことなくほおっておけない。
自分一人で生きられるたくましい女性であり、相手に魅力がなければ切り捨てる事もできる人。
以上の記した点で、複数回書かれている要素があれば、その気質は非常に強いと言えるでしょう。


具体的にまとめると…
勉強熱心で、研究に裏打ちされた知識には自信がある。
古い物・歴史のあるものから勉強して、知識を吸収することには非常に熱心で上手い。
安全を第一に考えるため、熟考してから行動に移す。結果、周りから見て行動は遅れやすい。
繊細で神経質なところがあり、ストレスを溜めやすく体調を崩すこともある。
自分の得た知識と、本来持っている芸術的なセンスを結び付けて、結論を出す。
自分の出した結論には信念があり、その信念を真っ直ぐ貫いていく。
そしてその結論を現実世界で実践して、成果として出していく。
出した成果で自分の立場、存在を世間や周囲に対して示したい!目立ちたい!という欲求がある。
自分の得た知識・信念にとても自信があるので、プライドが高く、頑固なところがある。