~ 感と理と門 ~

感と理をもって常識や科学という門を解きたいという欲をもつ人の文々

今、気になっていること

新たな思想(考え方)が、ゆっくり着実にマスに浸透しだしている。

2015~2025は時代の動く移行期だと感じる。

100年~200年単位ぶりに、大きく、枠組みから変わろうとする中で

その枠組みを足場に生きる私たちの思想も、アップデートが必要とされているように感じる。

 ・旧思想→新思想の動きはどのような内容か?

 ・また新たな枠組みはどのようなものか?

を予想、予測して、リスクを取ってポジションをとっていきたい。

 

【旧思想のこと】頂点が一つ 外→問→価値(標準)

これまで重要とされてきた能力は、一定の問題を素早く正確にできることで、

問題には、一定の道筋の中で努力を重ねることで身に着けることができた。

一方で、問いの方向性に、選択肢は少なく(ほぼなく)、過半数が同じ道筋を歩み、

大多数が同じ土俵の上で競争し、勝ち負けが分かれた。

言い換えると、標準的な問題を解く速度や正確さに応じて評価された。

(標準的な問題を解く能力がない、嫌いな場合は低く評価される)

 

この旧思想の問題点は、

標準的とされる問題が、嫌いや苦手な人にも、強制されること。

その評価軸が絶対的で、それ以外の評価軸が力がよわいこと。(例えばスポーツができる、けん玉ができるなど)

 

(2015~2025)

 

【新思想のこと】頂点が複数並存 内⇔問→価値(多様)

旧思想から新思想への移行の契機は、テクノロジーの進化。

テクノロジーの一つであるスマホが社会に入り込むことで、これまでつながりようがなかった人と人がつながる機会があらわれた。

これまでは、何かがほしいと、大きなお店で購入するのが一般的だったが

何かがほしいという人(需・-)と何かがいらない人(供・+)が見えるようになり、

やりとりができるような枠組みが、技術的には可能になっている。

ハブ型→ネットワーク型

キーワード:意味の多様化・無意味の意味化

(無意味として凝り固まっていたものがほころび溶けていく)

 

【新たな枠組みのこと】

あと、5年~10年かけて

共有する枠組みが変わると予想している。

キーワードは、ブロックチェーン・機会損失がへる・好き・モチベーション・

アンインストール。

これからは、アンインストールの教育が、出てくるようになる。

 

従来の、外部から出される問いに正確に素早くこたえる型から

内面にある欲求を受け入れドライブした動機から出る問いに、独自な思索でこたえる型

にシフトすると予想しています。

 

f:id:new-source:20180326000533j:plain