~ 感と理と門 ~

感と理をもって常識や科学という門を解きたいという欲をもつ人の文々

目に見えない運の正体を掴みたい

 

運とは何か?

というのは、10才になるまえの段階から、自分にとっては強い関心ごとだった。

一体運とは何なのか?

生まれつきのものなのか?それとも、後天的なのか。

自分の人生を左右する、実体の分からない強い力を持った何かについて

考えてもどうしようもないということにし、これまで見ようとすることなくきた。

が、運に対する色々な捉え方を、耳にするなかで

つかめるかつかめないかはわからないが、

つかもうとはできるものではないかと思うようになってきた。

 

一体運とは何か?そして、運の良い悪いを分けているものはなにか?

 

それを自分なりにかみ砕き実感をもち把握できるものとして理解をするために

今月は、運に関する10冊の本を読む。そして、正体を自分なりに把握し、

強運と為る方法を知り実践する。

というのを今月のテーマとしたい。

 

 f:id:new-source:20180810191338j:plain